高温に注意

連日記録的な猛暑が続いております。

この時期特に気をつけたいのが楽器の温度管理。楽器に使用されている接着剤は60℃を超えると著しく接着能力が落ちます。最悪の場合は楽器が分解してしまう恐れもあります。また、松脂やニスも高温になると溶けます。弓や楽器についている松脂がいったんとけると再び冷えた時に固まって毛や楽器の表面に汚れとともにこびりついたりしてしまいよくありません。普段の生活環境では特に問題はありませんが車内などかなりの高温になるところでの放置は短時間であっても避けるようにしましょう。